会社の沿革
創業時の店舗

 弊社は、明治43年5月鳥取市立川町1丁目で「菓子の製造・卸小売、酒類、木炭、食料品の小売」を主として開業し、 昭和の始め頃から終戦まで、旧陸軍(第四十連隊)の御用達に指定されました。
 そして、昭和15年に株式会社に 改組し、昭和18年10月に当時の日本国有鉄道より許可を頂き、駅弁屋を開業し現在の姿になりました。戦時中でもあり、 材料も無く菓子の技術を使い、パンの弁当を売っていた事もあったりと、供給に大変な苦労もありましたが、昭和22年に は立川より駅前に進出しました。
 戦争も終わり、ようやく人々の生活が安定してきた昭和20年代後半『旅行客に 喜んでもらえるような、郷土色豊かな駅弁を作れないものだろうか』という思いから山陰の味覚である「松葉がに」に 着目し、これを使って駅弁を作ろうと考え、昭和27年ついに「かに寿し」が完成。その後、6年間かけて弊社独自の 保存技術を考案し通年販売を開始しました。その後、全国至る所でかに寿しが製造・販売されるようになったので、 差別化する為「元祖かに寿し」と名付け、現在に至っています。

初代 阿部正行

 昭和48年には駅前より富安に移転し、日産一万食製造可能な弁当センターを有し、鳥取駅構内だけでなく、 鳥取県東部一円の仕出しも行うようになりました。
 「元祖かに寿し」以後、「お好みかに寿し」・ 「特選笹かに」の発売、また、「あご(飛魚)」を使用した「あご寿し」、因幡の白兎伝説に因んだ 「うさぎちゃんの夢」、鳥取の「ずがに飯」からヒントを得た「山陰鳥取かにめし」の発売などを行ってきました。 最近では、平成14年に地元の材料をふんだんに使用し、美味しい地酒のお供になる「とっとりの居酒屋」、平成16年には 鳥取で生まれ育ったジャンボ椎茸を使用した「しいたけ弁当素晴ら椎茸」・イカを丸ごと使用した「イカ墨弁当 黒めし」、 平成17年には、100%鳥取牛を使用した、「鳥取牛弁当」などを新発売しています。そして、米・醤油・酢などは、 地元で生産されたものを使用し味の調和を取るなど、こだわりを持ったお弁当作りを心がけています。
 日本は、 南北に長く食文化の豊かな国であります。日本各地の町にはそれぞれの歴史、文化があり、食があります。駅はお客様の 入口であり出口です。そこで販売させて頂く駅弁は、その地方の「食文化の代表」であるとの思いから 美味しい地元の 産物を出来る限り使用したお弁当を販売しお客様にお喜びいただきたい、と私達は考えています。

会社概要
社名 株式会社アベ鳥取堂
本社所在地 鳥取県鳥取市富安2丁目28番地
TEL0857-26-1311  FAX0857-24-4280
代表者 代表取締役社長 阿部 正昭
資本金 10,000,000円
創業 明治43年5月
砂丘 かに寿し